1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. さんちょくの~と

さんちょくの~と(産直農都)

産地から農産物をお届けするだけではなく、作る人と食べる人が交流することで、「本当の顔のみえる関係」を作ること それがパルシステム東京の産地交流です。観光旅行とは違い、田植え・稲刈りや野菜の栽培などの農作業を体験し、生産者と語り合う産地交流を、年間40回程開催し、約1000人近くの組合員が参加しています。

交流産地のページを見る

  • 新潟
  • 青森
  • 千葉
  • 秋田
  • 山形
  • 長野
  • パルシステム東京の産地交流とは?

産地交流の今!ブログ新着記事

さんちょくの~との記事一覧へ

産地に行きたいけど、なかなか行けない...そんな方必見。東京にいながら生産者と交流できるチャンスです! ⇒年間スケジュールはコチラ 「どんな人がどんな想いで作っているのかな?」と私たちが疑問に思うのと同じように、生産者も「どんな人が食べてくれてどんな感想をもっているのかな?」と、この産直Caféで組...

続きはこちらから

こんにちは。パルシステム東京産直推進課の小野です。   4月20日、千葉県旭市にある「うなかみの大地」にて、今年初となる田植え企画が開催されました。 初体験という小学5年生のお子さんや田植えの大ベテランという大人など、2組5名の参加者が、2時間ほどの作業で心地よい汗を流しました。 &nbs...

続きはこちらから

  1月19日(土)、港区立男女平等参画センター・リーブラにて、じゃがいも、玉ねぎなど北海道富良野産の野菜を使った料理教室を開催。小学生までの親子25名が参加し、富良野の生産者とともに調理やクイズなどで楽しいひとときを過ごしました。   産直の絆 直接つながる喜び &...

続きはこちらから

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿