1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 環境
  4. 3Rの推進と廃棄物の削減

環境

3Rの推進と廃棄物削減の取り組み(リデュース・リユース・リサイクル)

ごみの有料化の取り組みが進む現在、パルシステム東京をはじめ、各生協の積極的なリデュース・リユース・リサイクル活動は、ごみの削減にも大きく貢献しています。

リデュース・リユース・リサイクルの取り組み

2R署名

容器包装リサイクル法(以下、容リ法と表記)は1995年に容器包装ごみをリサイクルするために制定されました。
その後、2006年に一部改定されましたが、市民が提案した税金負担で行なうリサイクルの改善や環境への負担を減らす発生抑制と再使用の促進化が反映されず、多くの課題は解決できませんでした。
その為、ごみ排出量は"高止まり"のまま、環境に良いリユース容器が激減し、リサイクルに適さない塩素系容器包装がいまだに使われているのが実態です。

パルシステム東京は、CO2排出量の大幅な削減に相当する「廃棄物のリデュース(発生抑制)」や使い捨て容器を減らす「リユース(繰り返し使える)」容器を普及する施策の実現、処理コストを商品価格に含めることで容器包装廃棄物の処理費用を公平に負担する仕組みの実現を目指し、他団体との連携で容リ法改正の請願署名活動に取り組み、2011年の通常国会に提出しました。

最新の記事

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿